勤務勤務する職場と収入の違い

介護職員初任者研修の年収ってどのくらいなの?

勤務勤務する職場と収入の違い

介護職員初任者研修を受けて勤務する職場と収入の違いは、施設ごとにかなり大きくなっています。どの職場を選ぶかで待遇はもちろんのこと、収入も異なります。介護職は全体的に収入が低い傾向にあり、それは介護職員初任者研修を受けていても同じことです。基本的に収入や待遇は、改正前のホームヘルパー2級と大差ありません。

 

通所型や入所型の介護施設で働く場合には常勤で働くことになるため、仕事で拘束される時間は長くなります。勤務時間は決められていますが、事実上1日中施設にいることになり、自由な時間は少なくなります。加えて夜勤が入ることもあるため、体力的に厳しいというデメリットはありますが、常勤で安定した収入が得られて夜勤手当もつくため、収入面ではメリットがあります。

 

逆に訪問ヘルパーなどのように拘束時間が短い職場で働く場合には、自由時間が増えて自分のために使うことができる時間が増えるというメリットもあります。その分収入は低くなり、介護職員初任者研修を受けていても低収入というデメリットがあります。施設の非常勤として働く場合、パートタイマーとして働く場合が当てはまります。複数の事業所に登録しておき、介護の手が必要な時だけ仕事をするという働き方になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ