介護職員初任者研修受講者の賃金に関する問題

介護職員初任者研修の年収ってどのくらいなの?

介護職員初任者研修受講者の賃金に関する問題

介護職員初任者研修は、合計130時間の研修が必要となります。そのうえ研修受講後に試験があり、それに合格してはじめて介護職員初任者の資格を取得することができます。このように、介護職員初任者研修の受講は、それなりの時間や労力を要するものであるということができます。

 

しかしながら、実際には、介護職員初任者の賃金は、決して高いものではありません。実際には、施設や勤務形態などにより違いがありますが、平均的な年収は250万円程度といわれており、一般的な会社勤めの給与平均より低いものとなっています。しかも現時点においては、研修を受講し資格を取得したからといって、賃金にすぐ反映されるわけではありません。

 

しかし、介護においては、需要は増えており、常に人手不足となっているのが現状です。このような問題に際して、介護資格を一本化し、介護の質の向上と人材育成を目的として導入されたのが、介護職員初任者研修です。この研修を経て、介護福祉士、認定介護福祉士とステップアップしていくモデルが厚生労働省より発表されています。介護職員初任者研修は、キャリアアップのための重要な資格ということができるのです。
高齢化により、介護の需要はますます増えていくことが容易に予想できる昨今、介護のキャリアにおいて、その導入ともなる介護職員初任者研修は、今後、その重要性を高めていくものになっていくということができるのではないでしょうか。"


ホーム RSS購読 サイトマップ